Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験

中堅企業の4分の1が直近3年間にセキュリティ関連の事故を経験したとの調査結果をデルが取りまとめた。すべての端末を「Windows 10」に入れ替えた企業は26.5%だった。

同調査は、同社の顧客で従業員100人以上1000人未満の企業約1300社を対象に、2019年12月から2020年1月にかけて実施したもの。

直近3年間でセキュリティ関連の事故に遭った企業は27.3%。前年比8.4ポイント減となった。ランサムウェアによる被害が前年から5.5ポイント減少したことが影響した。

全端末を「Windows 10」に入れ替えた企業は26.5%。前年の5.8%から増加しているが、3割に満たなかった。

「Windows 10」へ移行していない企業では、ランサムウェアによる被害が目立ち、事故の75%を占めた。すべての端末を移行した企業の39%を36ポイント上回ったという。

(Security NEXT - 2020/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年の上場関連企業における個人情報事故 - 103件2515万人分
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%