Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市

長野県小諸市は、保育園入園関係の書類一式を配布する際、誤って入園児の個人情報含む名簿なども配布していたことを明らかにした。

同市によれば、保育園に2020年度から入園する乳幼児の家庭に、入園関係の書類一式を配布した際、そのうちの1件に、保育園で管理しておく入園児の名簿と児童台帳の写しを誤って封入したという。同一保育園の20件分の入園児に関する情報が含まれる。

誤配布先の家庭から連絡があり判明。同市では誤配布した書類を回収した。同市では、対象となる20件の家庭に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
被爆者宛の健診案内で誤送付 - 同姓で住所を取り違え
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
駐車場使用料納入通知書を誤送付 - 神奈川県県営住宅で
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市