Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市

長野県小諸市は、保育園入園関係の書類一式を配布する際、誤って入園児の個人情報含む名簿なども配布していたことを明らかにした。

同市によれば、保育園に2020年度から入園する乳幼児の家庭に、入園関係の書類一式を配布した際、そのうちの1件に、保育園で管理しておく入園児の名簿と児童台帳の写しを誤って封入したという。同一保育園の20件分の入園児に関する情報が含まれる。

誤配布先の家庭から連絡があり判明。同市では誤配布した書類を回収した。同市では、対象となる20件の家庭に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
個人情報含むファイルのダウンロードURLを誤って送信 - 東京都北区
非公開の個人情報を閲覧できるURLを別人に誤送信 - 東京都
小学校で健康診断記録を別の児童に配布 - 大阪市
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
訃報通知メールに個人情報を誤添付 - 丸紅社友会
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
委託先がメール誤送信、講座受講予定者のメアド流出 - 神奈川県
マイナンバー含む書類を異なる事業所へ誤送付 - 土健保