Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定

Adobe Systemsは、2月11日に公開したセキュリティアップデートで「Adobe Framemaker」における複数の脆弱性を修正した。深刻な脆弱性へ対処しているが、適用優先度は低い設定となっている。

今回のアップデートで同社は21件の脆弱性に対処しており、いずれも3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングした。脆弱性の悪用は確認されていないという。

なかでも米国立標準技術研究所(NIST)による共通脆弱性評価システムCVSSv3.1のスコアを見るといずれも8以上だが、なかでもメモリ破壊の脆弱性「CVE-2020-3740」については「9.8」と高い数値となっている。

同社は脆弱性を修正した「同2019.0.5」をリリース。適用優先度は、3段階中もっとも低い「3」としており、任意のタイミングによるアップデートを推奨している。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2020-3720
CVE-2020-3721
CVE-2020-3722
CVE-2020-3723
CVE-2020-3724
CVE-2020-3725
CVE-2020-3726
CVE-2020-3727
CVE-2020-3728
CVE-2020-3729
CVE-2020-3730
CVE-2020-3731
CVE-2020-3732
CVE-2020-3733
CVE-2020-3734
CVE-2020-3735
CVE-2020-3736
CVE-2020-3737
CVE-2020-3738
CVE-2020-3739
CVE-2020-3740

(Security NEXT - 2020/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱なファイル管理用WPプラグインを狙う攻撃を国内で観測
「TLS 1.2」以前に「Raccoon Attack」のおそれ - OpenSSL、F5などが対処
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も