Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性

Wind RiverのリアルタイムOS(RTOS)である「VxWorks」のTCP/IPスタックに複数の脆弱性「URGENT/11」が見つかった問題で、三菱電機の一部制御システム製品も影響を受けることがわかった。

「VxWorks」には、「バッファオーバーフロー」や「NULLポインタ参照」「引数の挿入や改ざん」などあわせて11件の脆弱性が2019年に明らかとなり、「URGENT/11」と名付けられたが、三菱電機が提供する「MELSEC-Qシリーズ」および「MELSEC C言語コントローラユニット」や「MELIPC シリーズMI5000」の一部出荷分についても同脆弱性の影響を受けることが判明したもの。

脆弱性が悪用されると悪意あるプログラムが実行されたり、サービスが停止するおそれがあるとして同社は、各製品の対象となるシリアル番号を公表するとともに、影響を受ける脆弱性について明らかにした。また「CVE-2020-5531」が割り当てられている。

同社は、各製品向けにアップデートを用意しており、アップデートが呼びかけられているほか、対象製品のアクセスを制限するといった緩和策がアナウンスされている。

(Security NEXT - 2020/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
SonicWall製品のVPNに深刻な脆弱性 - 約80万台に影響か
「VMware Horizon」のクライアントにサービス拒否の脆弱性
Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ