Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大

京都大学の教員が、出張中に個人情報含む外付けハードディスクを紛失したことがわかった。

同大によれば、大学院医学研究科人間健康科学系専攻の教員が、出張中に個人情報を含む外付けハードディスクを紛失したもの。

所在がわからなくなっているハードディスクには、学生の成績に関する情報など919人分の個人情報が保存されていた。

今回の問題を受け、同大では対象となる関係者に事情を説明し、謝罪する書面を送付した。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市立小学校で児童個票1クラス分が所在不明に - 名古屋市
小学校2校で児童の個人情報含む書類を紛失 - 名古屋市
個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市
県立高校で生徒の評価含む教務手帳が所在不明に - 埼玉県
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」