Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員が個人情報含むHDDを出張中に紛失 - 京大

京都大学の教員が、出張中に個人情報含む外付けハードディスクを紛失したことがわかった。

同大によれば、大学院医学研究科人間健康科学系専攻の教員が、出張中に個人情報を含む外付けハードディスクを紛失したもの。

所在がわからなくなっているハードディスクには、学生の成績に関する情報など919人分の個人情報が保存されていた。

今回の問題を受け、同大では対象となる関係者に事情を説明し、謝罪する書面を送付した。

(Security NEXT - 2020/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

送迎リスト紛失、車上に置いて走行 - 高齢者福祉施設
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
個人情報含む可能性のある公文書が所在不明 - 大阪市
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
患者情報扱うPCが所在不明、店舗リフォーム時に誤廃棄か - 調剤薬局
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町