Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ

総務省、法務省および経済産業省は、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」の改正案および「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく特定認証業務の認定に係る指針」の改正案を取りまとめた。

今回の改正は、特定認証業務に関わる電子署名の基準について、電子署名に使用される暗号アルゴリズムの見直しを行い、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」で定める基準を改めるもの。

政府では改正案を取りまとめ、2月26日までの間、一般から意見を募集する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、郵送やファックス、メールなどで受け付ける。提出期限は2月26日17時必着。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
共用利用オフィスのセキュリティ対策認証制度がスタート
資金決済業者連携におけるクレカの不正防止対策GL - 日クレ協
小規模サイト、約1割「一切脆弱性対策せず」 - 対策不備で2割が被害経験
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
決済代行業者やコード決済事業者もPC IDSS準拠必須に
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委