Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ

総務省、法務省および経済産業省は、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」の改正案および「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく特定認証業務の認定に係る指針」の改正案を取りまとめた。

今回の改正は、特定認証業務に関わる電子署名の基準について、電子署名に使用される暗号アルゴリズムの見直しを行い、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」で定める基準を改めるもの。

政府では改正案を取りまとめ、2月26日までの間、一般から意見を募集する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、郵送やファックス、メールなどで受け付ける。提出期限は2月26日17時必着。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査