Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ

総務省、法務省および経済産業省は、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」の改正案および「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく特定認証業務の認定に係る指針」の改正案を取りまとめた。

今回の改正は、特定認証業務に関わる電子署名の基準について、電子署名に使用される暗号アルゴリズムの見直しを行い、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」で定める基準を改めるもの。

政府では改正案を取りまとめ、2月26日までの間、一般から意見を募集する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、郵送やファックス、メールなどで受け付ける。提出期限は2月26日17時必着。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
主要行、「SPF」の利用進むも約7割が「DMARC」未導入
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
総務省、LINEに行政指導 - 安全管理や利用者への説明不十分
警察庁、犯罪インフラ化する「SMS認証代行」の取り締まりを強化
スピーディで手軽な「eKYC」 - 「個人情報漏洩」への不安も