Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子署名や認証業務の法律施行規則改正でパブコメ

総務省、法務省および経済産業省は、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」の改正案および「電子署名及び認証業務に関する法律に基づく特定認証業務の認定に係る指針」の改正案を取りまとめた。

今回の改正は、特定認証業務に関わる電子署名の基準について、電子署名に使用される暗号アルゴリズムの見直しを行い、「電子署名及び認証業務に関する法律施行規則」で定める基準を改めるもの。

政府では改正案を取りまとめ、2月26日までの間、一般から意見を募集する。意見は電子政府の総合窓口「e-Gov」のほか、郵送やファックス、メールなどで受け付ける。提出期限は2月26日17時必着。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
2022年2Qの脆弱性届け出は163件 - ウェブ関連が減少
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシング対策GLが改訂 - 実施すべき要件に「本文中リンクをクリックしないこと」