Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能

東陽テクニカは、米KnowBe4製のセキュリティトレーニングサービスに、組織や従業員のセキュリティ意識をスコア化するアセスメント機能を追加した。

「KnowBe4」は、疑似的なフィッシング攻撃など実施して組織や従業員のセキュリティレベルを診断し、オンライン教育プログラムを提供するトレーニングサービス。今回あらたにアセスメント機能を追加した。

同機能では、組織のセキュリティに影響を与える考え方、習慣、社会的行動など7つのカテゴリーから組織のセキュリティカルチャーを評価。セキュリティ教育のカリキュラム立案にあたり結果を活用できるという。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、実務者や経営層向けにセキュ教育サービス
CSIRTの業務支援サービスを開始、フォレンジック調査も - MIND
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
クロスポイントとサイバーリーズン、EDRを活用したSOCサービス
小学校へセキュリティ学ぶ教材を無償提供 - 「ホワイトハッカー」紹介
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
システム堅牢化やCTFなど人材育成演習サービスを拡充 - NEC