Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ

一方、脆弱性を発見したNSAは今回の問題について、洗練された攻撃者はすぐに脆弱性を理解し、悪用するおそれがあると指摘。

脆弱性を修正しないと深刻な影響が広範に及び、危険にさらされる可能性があるとし、唯一の対策はパッチの適用であるとして、早急に対策を講じるよう警鐘を鳴らしている。

対象となるシステムすべてへパッチを適用するよう求めているが、全体へ自動的にパッチが適用できない場合は、優先順位をつけて対策を講じることを推奨している。

対策が急がれるシステムとしては、TLS検証を実行するWindowsベースのアプライアンスやウェブサーバ、プロキシのほか、ドメインコントローラー、DNSサーバ、VPNサーバといった重要なネットワークインフラのエンドポイントなどを例として挙げている。

またインターネットに直接公開されていたり、特権ユーザーが定期的に使用するなど、脆弱性を悪用されるリスクが高いエンドポイントも挙げ、パッチをあててない端末がある場合、管理者は修復作業に向けた準備も必要になると指摘。ネットワークやエンドポイントでログを取得するなど、攻撃の検知に向けた対策についてもあわせて呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施