Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ

1月に公開されたMSの月例セキュリティ更新において、米政府が報告した「Windows」の暗号化機能における深刻な脆弱性が修正された。早急に対策を講じるよう注意が呼びかけられている。

問題とされる「CVE-2020-0601」は、「Windows CryptoAPI(Crypt32.dll)」において、楕円曲線暗号(ECC)を用いた「電子証明書」の検証処理で「なりすまし」が可能となる脆弱性。米国家安全保障局(NSA)が発見、報告した。「Windows 10」および「Windows Server 2019」「同2016」などが影響を受ける。

脆弱性を悪用されると、「HTTPS」など暗号化通信を行っている場合も、中間者攻撃により通信内容を盗聴されるおそれがあるほか、署名されたメールやファイルの正当性を検証できないため、悪意あるファイルなどを署名済みの正当なファイルとして偽装することが可能となる。

マイクロソフトは、脆弱性の深刻度を4段階中、上から2番目にあたる「重要」とし、パッチのリリース時点で同脆弱性の悪用や公開は確認されていないとしているが、悪用可能性指標については、今後悪用される可能性が高い「1」とレーティングした。

(Security NEXT - 2020/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処
NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応