Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール

日光山輪王寺とGoogleをかたり、現金をプレゼントするなどとして無関係のURLへ誘導する「なりすましメール」が確認された。

問題のメールは、「日本中に福をお裾分け」との書き出しではじまり、「日光山輪王寺とGoogleより、お客様に現金をプレゼント」などと記載。

1万円から990万円をプレゼントするなどと説明しつつ、メール内に記載されたURLへアクセスすることで、金額がわかるなどとだまし、無関係のサイトに誘導していた。また有効期限を過ぎると現金の受け取り資格がなくなるなどとしてアクセスを煽る文言も含まれる。

すでに誘導先のURLはアクセスできない状態となっているが、同寺院は無関係の悪質なメールであるとして、メール内のURLへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
30〜40代、3割超がネットトラブル経験 - ネットリスク理解8割
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査