Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール

日光山輪王寺とGoogleをかたり、現金をプレゼントするなどとして無関係のURLへ誘導する「なりすましメール」が確認された。

問題のメールは、「日本中に福をお裾分け」との書き出しではじまり、「日光山輪王寺とGoogleより、お客様に現金をプレゼント」などと記載。

1万円から990万円をプレゼントするなどと説明しつつ、メール内に記載されたURLへアクセスすることで、金額がわかるなどとだまし、無関係のサイトに誘導していた。また有効期限を過ぎると現金の受け取り資格がなくなるなどとしてアクセスを煽る文言も含まれる。

すでに誘導先のURLはアクセスできない状態となっているが、同寺院は無関係の悪質なメールであるとして、メール内のURLへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
「あなたのアカウントが通報された」 - 偽警察のLINEアカウントに注意
都食品安全啓発チラシの二次元コード、不正サイト誘導のおそれ
2回目の「特別定額給付金」で誘導するフィッシングに注意
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%