Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「現金プレゼント」などと誘導、寺院のなりすましメール

日光山輪王寺とGoogleをかたり、現金をプレゼントするなどとして無関係のURLへ誘導する「なりすましメール」が確認された。

問題のメールは、「日本中に福をお裾分け」との書き出しではじまり、「日光山輪王寺とGoogleより、お客様に現金をプレゼント」などと記載。

1万円から990万円をプレゼントするなどと説明しつつ、メール内に記載されたURLへアクセスすることで、金額がわかるなどとだまし、無関係のサイトに誘導していた。また有効期限を過ぎると現金の受け取り資格がなくなるなどとしてアクセスを煽る文言も含まれる。

すでに誘導先のURLはアクセスできない状態となっているが、同寺院は無関係の悪質なメールであるとして、メール内のURLへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
松井証券で顧客資産約2億円が不正引出 - 長年業務に携わる委託先SEが権限悪用
ブラウザの通知機能を悪用、巧妙な「偽アラート」に注意
訪問代理店が顧客情報を不正取得 - ソフトバンク
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック