Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC

NECは、株式取引における不正取引の審査業務を支援する「AI売買審査支援サービス」を提供開始する。

同社では金融取引におけるリスクや不正対策を支援するソリューションの展開を開始し、手はじめに証券業界へ不正取引の審査を支援するサービスを「Amazon Web Services」で提供するもの。

SBI証券の審査ノウハウと同社の機械学習活用ノウハウをもととした予測モデルを採用。クラウド上で機械学習によってすべての取引データを対象に不正取引の可能性をスコアリング。審査担当者の審査業務を支援する。

多数の規則性を自動で発見する「異種混合学習技術」の活用により、不正と判断した根拠なども確認できる。今後はインサイダー取引の審査などへも対応する予定。

(Security NEXT - 2019/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
機械学習活用したクラウド型DLPサービス - パロアルト
機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
ログ管理製品でサイバー攻撃や内部不正の検知を強化 - 網屋
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も