Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を

攻撃キャンペーン「Sea Turtle」は、DNSをハイジャックしてアクセス権の窃取などを試みる特徴があり、中東やアフリカ諸国を狙って展開された。「CVE-2018-0296」に限らず、「bash」「Apache Tomcat」「Drupal」など複数の脆弱性を悪用していると見られており、米政府などからも注意喚起が行われている。

また2019年9月には、あらたに悪用する動きを確認したとして、Cisco Systemsでは公開当初重要度を4段階中2番目にあたる「高(High)」としていた「CVE-2018-0296」のレーティングを、もっとも高い「クリティカル(Critical)」へと引き上げた。

さらに同社は12月に入り、同脆弱性を悪用しようとする攻撃の急増を観測しているとして再度注意を喚起。まもなく長期休暇に入る企業が多いが、攻撃者は休暇に関係なく攻撃を展開するとして、早急に脆弱性への対策を講じるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
「VMware vRealize Operations Tenant App」に情報漏洩の脆弱性
「Movable Type 4」以降に深刻な脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
Oracle、定例パッチで脆弱性のべ419件に対処 - 対象製品の利用状況確認を
「Surface Pro 3」にセキュアブート回避の脆弱性 - 他社機器も影響を受ける可能性
Sophos製のセカンドオピニオン用マルウェア駆除ソフトに脆弱性
ジュニパー、10月の月例更新で脆弱性71件に対処 - 深刻な脆弱性も
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 10月初旬の更新で修正済み
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件