Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、なりすましメールに注意喚起 - 加藤製作所

建設機械の製造、販売を手がける加藤製作所は、パソコンがマルウェアに感染し、同社になりすましたメールが送信されているとして注意喚起を行った。

同社によれば、社内のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染したもの。12月9日、過去に社内でやり取りされたメールを引用したなりすましメールを確認し、調査を行ったところ、マルウェアの感染が判明した。

感染端末に保存されていたメールの送受信履歴を窃取されたほか、履歴に含まれるメールアドレスに対して、同社を名乗る悪意あるメールが送信されたという。

同社では、同社を名乗るメールを受信した場合は、送信元のメールアドレスが攻撃者のものでないか確認し、本文中のURLや添付ファイルは開かないよう呼びかけた。

同社からファイルを添付したメールを送信する場合は、別途電話やファックスで連絡するとしている。

(Security NEXT - 2019/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ患者の個人情報をファックスで誤送信 - 名古屋市
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
グループ従業員のID管理サーバがランサム被害 - 共英製鋼
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か
大学生応援飲食券のアンケートメールで誤送信 - 美浜町
愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市