Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市

川崎市立図書館のウェブサイトに大量のアクセスがあり、一時ウェブサイトを閲覧できない状態となった。

同市によれば、外部から同サイトの蔵書検索ページに対し、不正なパラメーターを含む大量の機械的なアクセスがあり、サーバが停止。12月15日6時半ごろから11時前にかけてウェブサイトを閲覧できない状態となった。

12月15日6時半ごろ、図書資料に関する問い合わせのメールが受信できなくなる障害が発生。その後復旧作業を行い、10時50分ごろ復旧した。

同市では引き続き、障害が発生した原因を特定するため調査を行う。また、図書館利用者の個人情報の流出は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
「雇用調整助成金」のオンライン受付システムが再開
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
DigiCertの一部「EV SSL証明書」に不備 - 失効させ再発行
誤アップロードされた個人情報、削除されずメール配信 - スペースマーケット
「おそ松さん」特設通販サイトで不具合 - 他会員情報表示
アダルト動画サービスで視聴履歴など流出 - CDN利用で不具合
プリカを二重発行、情報流出は否定 - モスフード
ジャニーズ会員制サイトが復旧 - 原因は外部インフラ
ジャニーズ会員制サイトが停止 - 不正アクセスは否定