Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

図書館サイト停止、情報流出は否定 - 川崎市

川崎市立図書館のウェブサイトに大量のアクセスがあり、一時ウェブサイトを閲覧できない状態となった。

同市によれば、外部から同サイトの蔵書検索ページに対し、不正なパラメーターを含む大量の機械的なアクセスがあり、サーバが停止。12月15日6時半ごろから11時前にかけてウェブサイトを閲覧できない状態となった。

12月15日6時半ごろ、図書資料に関する問い合わせのメールが受信できなくなる障害が発生。その後復旧作業を行い、10時50分ごろ復旧した。

同市では引き続き、障害が発生した原因を特定するため調査を行う。また、図書館利用者の個人情報の流出は確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2019/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
旧セミナー申込システムで個人情報流出の可能性 - 沖縄労働局
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化