Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Jip-Base」の障害、15%でデータ復旧不可能

日本電子計算の自治体向けIaaSサービス「Jip-Base」で12月4日から障害が発生している問題で、7割が復旧できたものの、一部はバックアップさえ取得できず、同社単独での復旧が不可能な状態に陥っている。

同サービスは、自治体向けに提供しているクラウド基盤。53の自治体が採用しており、仮想化した基盤上でシステムを運用しているが、12月4日に障害が発生。利用できない状態となった。

同社によると障害の原因は、物理サーバ上で起動させるOSやデータを格納していたデルテクノロジーズ製ストレージ「Dell EMC Unity 500」のファームウェア。仮想ディスクへアクセスするために利用していた「ストレージコントローラー」で障害が生じたという。

12月5日に原因が判明、当初12月9日の全面復旧を目指していたが、ファームウェアのアップデート実施後、データを保管している共有ディスクにはアクセスできる状態となったものの、仮想ディスクの論理的なデータ領域で不整合が発生。データに対して正しくアクセス処理が行われず、復旧計画の見直しが迫られた。

20191217_ji_001.jpg
ファームウェアアップデート後に生じた障害の概要(画像:日本電子計算)

(Security NEXT - 2019/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会