Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 群馬中央病院

地域医療機能推進機構は、群馬中央病院の業務用パソコンがマルウェアに感染し、同院の職員をかたった「なりすましメール」が出回っているとして、注意を呼びかけた。

同機構によれば、事務処理に用いているパソコン1台がマルウェア「Emotet」に感染していることを12月3日に確認したもの。

同パソコンでは、前日2日に不審なメールを受信し、マルウェアへ感染したものと見られ、同日18時以降に同院をかたった不審なメールが送信された。感染端末から流出した情報を把握することは困難だという。

電子カルテをはじめとする同院の診療情報システムについては、事務処理用の端末とは分離した環境で運用していると説明。今回のマルウェア感染による診療業務への影響はないとしている。

同院は今回の問題を受け、メールの差出人として同院を名乗るメールを受信した場合には、送信元のメールアドレスを確認し、同院以外から送信されていた場合は、本文中のURLや添付ファイルを開かないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数端末が「Emotet」などマルウェアに感染 - カネコ種苗
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開