Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセス制御技術の研究開発情報を募集 - 政府

警察庁や総務省、経済産業省では、アクセス制御技術の研究開発情報を2020年1月24日まで募集している。

不正アクセス禁止法に基づき、公表する資料へ掲載するアクセス制御技術について募集を開始したもの。同法では毎年少なくとも1回、不正アクセス行為の発生状況と、アクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表することとなっている。

募集するアクセス制御技術は、「侵入検知、防御技術」「脆弱性対策技術」「高度認証技術」「インシデント分析技術」「不正プログラム対策技術」「その他アクセス制御機能に関する技術」の6種類。

研究開発途中のものは含まず、実際に活用されている技術や、活用が可能な技術に限定されている。

締め切りは2020年1月24日必着。詳細は総務省や経産省のウェブサイトから。

(Security NEXT - 2019/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
アプリの4.5%に「緊急」とされる脆弱性 - Synopsys調査
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
関西電力に新電力の顧客情報が漏洩 - 経産省が報告求める
政府、年末年始のセキュリティ対策で注意喚起
VMwareのクラウド運用管理ソリューションに複数の脆弱性
プロジェクト管理ツール「Redmine」に深刻な脆弱性 - アップデートで修正
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性