Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルアカ乗っ取りで取引先情報流出の可能性 - RIZAP

トレーニングジムを運営するRIZAPのメールアカウントが乗っ取られ、迷惑メールが送信された問題で、取引先の情報が外部へ流出した可能性があることがわかった。

10月31日に海外から不正アクセスを受けて、同社メールアカウント1件が乗っ取られ、取引先1648社に対して2111件のスパムメールが送信されたもの。

RIZAPグループでは11月6日に事態を公表していたが、その後の調査で、問題のメールアカウントで送受信したメールの一部が外部へ流出した可能性があることがわかった。

取引先の組織名や担当者の氏名、メールアドレス、連絡先、署名、業務連絡の内容、添付ファイルなどが含まれる。

同社では、対象となる関係者に対し、事情の説明や謝罪を行っている。また今回の問題について警察へ相談するとともに個人情報保護委員会へ報告した。

(Security NEXT - 2019/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
不正アクセスで個人情報の削除被害 - 韓国農水産食品流通公社
犬猫関連グッズのサイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
口座開設申込者の個人情報が流出した可能性 - 商品先物取引業者
IT資格試験教材サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
最大11.7万件の登録者情報が流出か - グルメアプリ
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出