Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員端末がマルウェア感染、迷惑メール送信 - 京都市観光協会

京都市観光協会は、職員のパソコンがマルウェアに感染し、職員をかたる不正なメールが送信されたことを明らかにした。

同協会によれば、職員のパソコンがマルウェアに感染したことにより、11月25日ごろから職員を装ったメールが複数送信されたことが判明したもの。

問題のメールでは、送信者として職員の氏名が表示されるが、送信元のメールアドレスは同協会のドメインとは異なるものとなっていた。

以前同協会が受信したメールへの返信として送信されていたが、前後のつながりはないという。さらに「Word」ファイルやテキストファイルが添付されていた。

同協会では、こうしたメールを受信した場合は、添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバに第三者のアクセス形跡、原因など詳細調査 - リニカル
医師の私物PCから個人情報流出の可能性 - 新潟県立精神医療センター
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
ニップンが基幹アプリ障害で決算発表延期、マルウェア感染か - 子会社も影響
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
国内外サーバ36台を侵害か、外部データ送信の痕跡も - 川崎重工