Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員端末がマルウェア感染、迷惑メール送信 - 京都市観光協会

京都市観光協会は、職員のパソコンがマルウェアに感染し、職員をかたる不正なメールが送信されたことを明らかにした。

同協会によれば、職員のパソコンがマルウェアに感染したことにより、11月25日ごろから職員を装ったメールが複数送信されたことが判明したもの。

問題のメールでは、送信者として職員の氏名が表示されるが、送信元のメールアドレスは同協会のドメインとは異なるものとなっていた。

以前同協会が受信したメールへの返信として送信されていたが、前後のつながりはないという。さらに「Word」ファイルやテキストファイルが添付されていた。

同協会では、こうしたメールを受信した場合は、添付ファイルを開かず、削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 岡山大
不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社
テレワーク環境でマルウェア感染、社内に拡大 - 三菱重工
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec