Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意

「WhatsApp」が影響を受ける脆弱性として明らかとなった脆弱性「CVE-2019-11932」だが、画像処理ライブラリに起因するもので、発表から2カ月近く経過するも、多くのアプリが脆弱な旧版を利用している状態だという。

問題の「CVE-2019-11932」は、GIF画像を処理するためにAndroid向けへ提供されているオープンソースのライブラリ「libpl_droidsonroids_gif」に明らかとなったダブルフリーの脆弱性。セキュリティ研究者のAwakened氏が発見した。

悪意あるGIFファイルを処理させることでリモートよりコードを実行されるおそれがある。共通脆弱性評価システムであるCVSSv3におけるスコアは「9.8」と高く、「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

当初「WhatsApp」が影響を受ける脆弱性として10月2日に公表された。事前に指摘を受けていたWhatsAppでは「WhatsApp 2.19.244」にて修正。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」においても、同アプリで利用されたライブラリの脆弱性と言及されている。

しかし同脆弱性は、「WhatsApp」固有の問題ではなく、同ライブラリを利用する広範囲のアプリへ影響を与える点に注意が必要だ。「libpl_droidsonroids_gif 1.2.15」より以前の脆弱なバージョンを利用している場合に影響を受ける。

(Security NEXT - 2019/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も