Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に

組織における「Office 365」の管理者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。乗っ取られた組織から送信されており、スパムフィルタを通過する上、攻撃が成功するとさらなる攻撃の踏み台に悪用されるおそれがある。

マイクロソフトを装い、偽のログインページへ誘導するメールが広範囲に出回っているもので、PhishLabsが確認した。

ドメイン上のすべてのメールアカウントを管理していることから、「Office 365」の管理者が標的になっていると同社は指摘している。

問題のフィッシングメールは、正規の教育機関などが利用する「Office 365」のインフラより送信されており、スパムフィルタなどをすり抜けるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
MSが月例パッチ公開 - 複数ゼロデイ脆弱性を修正、一部で悪用も
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も