Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に

組織における「Office 365」の管理者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。乗っ取られた組織から送信されており、スパムフィルタを通過する上、攻撃が成功するとさらなる攻撃の踏み台に悪用されるおそれがある。

マイクロソフトを装い、偽のログインページへ誘導するメールが広範囲に出回っているもので、PhishLabsが確認した。

ドメイン上のすべてのメールアカウントを管理していることから、「Office 365」の管理者が標的になっていると同社は指摘している。

問題のフィッシングメールは、正規の教育機関などが利用する「Office 365」のインフラより送信されており、スパムフィルタなどをすり抜けるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も
MS、9月の月例パッチで脆弱性129件を修正
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
MS月例パッチが公開、脆弱性120件を修正 - すでに悪用も
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を
MS、7月の月例パッチで脆弱性123件を修正 - 悪用は未確認
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
MS、5月の月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性111件を修正