Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に

組織における「Office 365」の管理者を狙ったフィッシング攻撃が確認されている。乗っ取られた組織から送信されており、スパムフィルタを通過する上、攻撃が成功するとさらなる攻撃の踏み台に悪用されるおそれがある。

マイクロソフトを装い、偽のログインページへ誘導するメールが広範囲に出回っているもので、PhishLabsが確認した。

ドメイン上のすべてのメールアカウントを管理していることから、「Office 365」の管理者が標的になっていると同社は指摘している。

問題のフィッシングメールは、正規の教育機関などが利用する「Office 365」のインフラより送信されており、スパムフィルタなどをすり抜けるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/11/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性63件に対応 - ゼロデイ脆弱性も修正
脆弱性攻撃の8割超が「Office」狙い - いまだFlash狙いの攻撃も
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「一太郎Pro」「ATOK」など法人向けジャストシステム製品の同梱プログラムに脆弱性
MS、7月の月例パッチで脆弱性84件を修正 - 一部脆弱性はすでに悪用も
大企業の4社に1社、CISO同等ポジションを未設置
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
MS、月例パッチで脆弱性56件に対応 - ゼロデイ脆弱性を解消
「MSDT」にゼロデイ脆弱性「Follina」 - MSが回避策をアナウンス