Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性

オムロンが提供する制御システム向けソフトウェア「CX-Supervisor」に脆弱性を含む旧バージョンの「TeamViewer」が同梱されていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同3.5(12)」および以前のバージョンに脆弱性を含む「TeamViewer 5.0.8703 QS」が同梱されている脆弱性「CVE-2019-18251」が判明したもの。

同梱版の「TeamViewer」には、認証情報の保護における不備「CVE-2019-11769」や、認証のバイパス「CVE-2018-16550」、情報漏洩「CVE-2018-14333」、不正なライブラリファイルを読み込み「CVE-2010-3128」など4件の脆弱性が含まれる。

オムロンでは、同問題へ対処した「CX-Supervisor 3.5.1(9)」をリリース。セキュリティ機関などよりアップデートが呼びかけられている。

(Security NEXT - 2019/11/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「VMware SD-WAN Orchestrator」に複数脆弱性 - 修正版が公開
「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
Ciscoのセキュリティ管理製品に深刻な脆弱性 - 修正版にも脆弱性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処