Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販

スポーツ用品の通信販売サイト「ゼロフィット公式オンラインショップ」が不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることがわかった。

同サイトを運営するイオンスポーツによると、2015年1月1日から2018年7月24日までの間、同サイトで購入した顧客のクレジットカード情報が流出し、一部のカード情報が不正利用された可能性が判明したもの。

流出の可能性があるのは983人分のクレジットカード情報で名義や番号、有効期限が含まれる。同社は不正アクセスの原因について、システムの脆弱性が突かれ、決済用のアプリケーションが改ざんされたと説明している。

7月16日にクレジットカード会社から情報が流出している可能性があるとの指摘があり、同日中にカード決済を停止。外部事業者による調査を実施し、9月16日に報告を受けた。

同社は、10月4日に警察と個人情報保護委員会へ届けた。対象となる顧客に対しては11月14日よりメールと書面により報告や謝罪を行っており、身に覚えのない請求が行われていないか注意喚起を行っている。

停止中のサイトについては、セキュリティ対策と監視体制の強化を行ったうえで再開する。再開日については、決定次第アナウンスする予定。

(Security NEXT - 2019/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
芸能事務所のグッズ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報4722人分が流出か
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大