Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学会メアドから迷惑メール - 日本口腔科学会

日本口腔科学会は、同学会のメールアドレスを発信元とし、迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同学会によれば、10月11日未明より、認定医制度の問い合わせ専用メールアドレスから学会員に対し、大量の迷惑メールが送信されたもの。調査を行ったところ、第三者によってサーバに不正プログラムが埋め込まれていたという。

個人情報が流出した可能性については、技術的に確認が難しい状況だと説明。メールアドレスのパスワードを変更しているが、システムの復旧には再構築が必要であり、時間を要するとしている。

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
教員アカウントに不正アクセス、海外スパム送信の踏み台に - 高崎経済大
退職者のメールアカウントがスパムの踏み台に - 大阪メトロサービス
サーバが攻撃の踏み台に、CMS導入ファイル狙われる - 茨大工学部同窓会
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 静岡病院