Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vBulletin」狙った改ざん攻撃 - 他攻撃者のコード実行は制限

フォーラム構築ソフト「vBulletin」に脆弱性が見つかった問題で、同脆弱性を狙ったアクセスが観測されている。

問題の「CVE-2019-16759」は、認証なしに「vBulletin」が稼働するユーザー権限で、コマンドの実行が可能となる脆弱性。実証コード(PoC)が公開されたことから明らかになった。

警察庁によれば、9月25日以降、同庁のセンサーでTCP 80番ポートに対し、同脆弱性の悪用を試みるアクセスを観測しているという。

一部攻撃では、特定のファイルを改ざんし、サーバ上でコードを実行させる際、特定の文字列が必要となるよう細工していた。別の攻撃者によるコード実行を制限しようとしていたと見られる。

20191030_np_001.jpg
脆弱性を標的としたアクセスの件数(グラフ:警察庁)

(Security NEXT - 2019/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も