Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区

東京都豊島区は、教育委員会から区立中学校あてに送付した新入学予定者名簿が所在不明になっていることを明らかにした。

同区によれば、10月9日に、同区の文書送付システムを用いて庁舎内から発送した新入学予定者名簿の写しが、所在不明になっているもの。同名簿には、区立中学校1校分、288人分の入学予定者の氏名、生年月日、保護者氏名、住所などが記載されていた。

同月16日、送付先の副校長が教育委員会に問い合わせたことから、所在がわからなくなっていることが判明。学校内や文書交換室、教育委員会内などを捜索したが発見できなかった。

同県では、対象となる入学予定者および保護者に対し、電話と書面による報告と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2019/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
小学校で児童の学齢簿などが所在不明 - 名古屋市
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
小学校教諭が車上荒らし被害、個人情報盗まれる - 泉大津市
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
年末年始に個人情報の紛失3件が判明 - 大阪市