Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに

今回の問題についてH.I.S.HDは、脆弱性の存在について7月6日に宿泊者から指摘のメールを受信していたことを明らかにした。

その一方、同製品を開発するMJIと調査を行い、外部から不正操作されるリスクは少ないとし、報奨金を目的とした不審メールと判断。連絡を取っていなかったという。

10月12日に脆弱性の公表を受けてあらためて再度調査を実施したところ、端末に近接した環境から不正操作が可能であることが判明。

すべてのロボットについて調査したが、不正なアプリケーションは見つからなかったと説明。脆弱性の原因となる同製品のNFC機能を停止し、対策を完了したとしている。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュリティに関する4件の修正
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消