Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「変なホテル」の客室ロボに脆弱性 - SNS投稿で明らかに

H.I.S.ホテルホールディングスが運営する「変なホテル舞浜 東京ベイ」に導入されていた客室ロボットに脆弱性が存在し、意図しないアプリをインストールされるおそれがあったことがわかった。

同社がホテル全100室に導入しているMJI製のコミュニケーションロボットにおいて、悪意あるアプリをインストール可能であったことが明らかとなったもの。

10月12日にセキュリティ専門家が、指摘より90日以上経過するも対応が行われなかったとし、ゼロデイ脆弱性としてTwitter上に公表。これを受けてH.I.S.ホテルHDが今回の問題について釈明した。

同セキュリティ専門家は、「NFC(Near Field Communication)」を用いることで提供元不明のアプリがインストールできると実際の画面表示とともに投稿。悪意あるアプリが入れられた場合、カメラやマイクがリモートから操作され、盗撮や盗聴のおそれがあると指摘していた。

(Security NEXT - 2019/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施