Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも

金沢大学において、フィッシングメールによる被害で複数教職員のメールアカウントが乗っ取られた問題で、同大は個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

問題のフィッシングメールは、メールサービスの障害通知を装う手口で8月14日、9月20日に複数の教職員が受信。25人がフィッシングサイトにパスワードを入力、アカウント情報を詐取された。

今回の問題を受け、すでに同大では、7件のアカウントから4万1697件のフィッシングメールが送信されたことを公表、関係者へ注意喚起を行っていたが、その後被害にあったアカウントに保存されていたメールを閲覧され、個人情報が流出している可能性があることが判明した。

閲覧された可能性があるメールは251件で、学内外の関係者66人分の氏名とメールアドレスが記載されていた。そのうち53人については住所や電話番号も含まれる。

同大では関係者に対して謝罪を行ったが、具体的な被害などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2019/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「Amazon」からのSMSに警戒を - 不安煽るさまざまな文面
「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール