Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし

20191003_ke_001.jpg
偽メールの1例(画像:警視庁)

警視庁は、10月2日に東京パラリンピック観戦チケットの抽選結果が発表されたことを受け、結果発表をかたった偽メールに注意するよう呼びかけた。

チケットの当選を装い、金銭をだまし取るメールが出回っているもの。メールには、「予約いただきましたチケットが当選しました。今後の手続きは以下のこちらから行ってください」などと記載。

さらに「特別措置のお知らせ」などとし、混雑でサイトがつながりにくいことが想定されるが、手付金5万円を支払えば支払い期限を延長できるなどとだまし、メールに記載したURLから手続きを行うよう誘導していた。

本物の当選メールでは、こうしたフィッシング詐欺を防ぐため、URLやリンクの記載を行っていない。同庁では、類似したフィッシングメールを受信しても、記載されたURLへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「水道料金を払わないと断水する」とだますフィッシング - 被害も発生
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
「ラクマ」をかたるフィッシングサイトメールに注意
警察庁をかたるフィッシングメール - 「情報を保護する」とだます手口
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る