Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名の不正登録に関する情報提供を受け付ける窓口となるメールアドレスを公開した。

同窓口では、登録情報が正しくない、または登録資格を満たしていないJPドメイン名に関する情報を一般から受け付ける。

連絡を受けたドメイン名において、登録情報などに問題がある場合には、管理指定事業者への確認や、登録規則に基づいた対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
国内ネット通販大手、9割が「DMARC」未導入
「Windows Kerberos KDC」の脆弱性に実証コード - 完全な対応には
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか