Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名の不正登録に関する情報提供を受け付ける窓口となるメールアドレスを公開した。

同窓口では、登録情報が正しくない、または登録資格を満たしていないJPドメイン名に関する情報を一般から受け付ける。

連絡を受けたドメイン名において、登録情報などに問題がある場合には、管理指定事業者への確認や、登録規則に基づいた対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市
主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
1月のフィッシング、独自ドメイン使用する送信元メアドが増加
メールアカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - TRE HDグループ会社
日本のDMARC導入率13%、米豪と大きな差 - NRIセキュア調査
鹿児島県の過去使用ドメイン4件、第三者が取得
「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で
IT資産を調査、リスクを評価できるASMサービス - SST
アズジェント、攻撃対象領域の分析サービス - 1回限定で無償提供
メール機器に脆弱性、約7カ月半にわたり侵害 - 教職員支援機構