Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPドメインの不正登録に関する情報受付窓口を開設 - JPRS

日本レジストリサービス(JPRS)は、JPドメイン名の不正登録に関する情報提供を受け付ける窓口となるメールアドレスを公開した。

同窓口では、登録情報が正しくない、または登録資格を満たしていないJPドメイン名に関する情報を一般から受け付ける。

連絡を受けたドメイン名において、登録情報などに問題がある場合には、管理指定事業者への確認や、登録規則に基づいた対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2019/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同業者装いセキュ研究者に忍び寄るサイバー攻撃者 - 解析情報にワナも
福岡県の水産支援システムがスパム踏み台に - 1日あたり約20万件
Gmailメアドをスペルミス、個人情報が流出 - 京都市立芸術大
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
問合フォームが悪用被害、スパム送信の踏み台に - 日本事務器
「LGWAN」移行前の旧メールアカウントに不正アクセス - 葛飾区
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か