Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MTA「Exim」に容易に悪用可能な脆弱性 - 9月初旬に続き再度更新

メール転送ソフト(MTA)である「Exim」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が見つかった。9月前半に明らかとなった脆弱性とは異なるもので、再度対応が必要となる。

「同4.92」以降において「EHLOコマンド」の文字列処理にヒープバッファーフローの脆弱性「CVE-2019-16928」が明らかとなったもの。認証を必要とせず、リモートより容易に悪用が可能で、プロセスがクラッシュし、任意のコードを実行されるおそれがある。

同ソフトウェアに関しては、メール配信処理にバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2019-15846」が明らかとなり、9月初旬にアップデートが公開されたばかりだが、今回判明したのは別の脆弱性であり、注意が必要。

9月27日に報告を受けた開発チームは、セキュリティリリースとして脆弱性を修正した「同4.92.3」を9月29日に急遽公開。各ディストリビューションなども対応を進めている。

実証コード(PoC)も公開されており、今後悪用される可能性もあるとして、セキュリティ専門家などは早急にアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
PHPにセキュリティ更新 - 「PHP 7.4.14」「同7.3.26」が公開