Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MTA「Exim」に容易に悪用可能な脆弱性 - 9月初旬に続き再度更新

メール転送ソフト(MTA)である「Exim」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が見つかった。9月前半に明らかとなった脆弱性とは異なるもので、再度対応が必要となる。

「同4.92」以降において「EHLOコマンド」の文字列処理にヒープバッファーフローの脆弱性「CVE-2019-16928」が明らかとなったもの。認証を必要とせず、リモートより容易に悪用が可能で、プロセスがクラッシュし、任意のコードを実行されるおそれがある。

同ソフトウェアに関しては、メール配信処理にバッファオーバーフローが生じる脆弱性「CVE-2019-15846」が明らかとなり、9月初旬にアップデートが公開されたばかりだが、今回判明したのは別の脆弱性であり、注意が必要。

9月27日に報告を受けた開発チームは、セキュリティリリースとして脆弱性を修正した「同4.92.3」を9月29日に急遽公開。各ディストリビューションなども対応を進めている。

実証コード(PoC)も公開されており、今後悪用される可能性もあるとして、セキュリティ専門家などは早急にアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/10/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇