Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず

ローソンの公式サイトやアプリがサイバー攻撃を受け、サービスを一時停止していた問題で、同社はサービスを再開した。

公式サイトと公式アプリを管理しているサーバが外部からの攻撃を受け、9月24日20時ごろよりサービスを一時停止していたもの。

同社は対策が完了したとして9月26日5時半よりサービスを再開した。個人情報の流出や顧客への直接的な影響は確認されていないが、引き続き外部事業者による調査を進めるとしている。

一方グループ会社のサイトや一部コンテンツについては、現在もサービスを停止しており、安全性が確認でき次第、順次サービスを再開する予定。

(Security NEXT - 2019/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
職員が上長アカウントに不正アクセス、投書から複数発覚 - 登米市
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
カタログギフト販売サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出した可能性
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
サンドラッグの複数関連サイトにPWリスト攻撃