Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーラム構築ソフト「vBulletin」にゼロデイ脆弱性

「vBulletin 5」に未修正の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。PoCが公開されている。

「vBulletin」は、MH Sub Iが開発を手がけるコミュニティサイトを構築するためのソフトウェア。9月23日に匿名で脆弱性の実証コード(PoC)が公開された。脆弱性を投稿者は、9月3日にリリースされた「同5.5.4」についても脆弱性の影響を受けると主張している。

脆弱性の検証を行ったTenableによれば、細工されたPOSTリクエストを送信することで、認証なしに「vBulletin」が稼働するユーザー権限で、コマンドの実行が可能であることを確認したという。

同脆弱性は調整など経ずに公開された可能性があり、脆弱性を修正するアップデートなどは提供されていない模様だ。

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正