Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーラム構築ソフト「vBulletin」にゼロデイ脆弱性

「vBulletin 5」に未修正の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。PoCが公開されている。

「vBulletin」は、MH Sub Iが開発を手がけるコミュニティサイトを構築するためのソフトウェア。9月23日に匿名で脆弱性の実証コード(PoC)が公開された。脆弱性を投稿者は、9月3日にリリースされた「同5.5.4」についても脆弱性の影響を受けると主張している。

脆弱性の検証を行ったTenableによれば、細工されたPOSTリクエストを送信することで、認証なしに「vBulletin」が稼働するユーザー権限で、コマンドの実行が可能であることを確認したという。

同脆弱性は調整など経ずに公開された可能性があり、脆弱性を修正するアップデートなどは提供されていない模様だ。

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ADパスワード管理ツールの脆弱性、APT攻撃で悪用 - 米当局が注意喚起
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
CMSの「Drupal」に5件の脆弱性 - アップデートがリリース
「Apache Tomcat」にDoS攻撃受けるおそれ - 3月の更新で修正済み
SAP、複数の深刻な脆弱性を修正するアップデート - CVSS値が最高値の脆弱性も
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Adobe、「ColdFusion」「AEM」など16製品にセキュリティ更新
Google、「Chrome 93.0.4577.82」を公開 - ゼロデイ脆弱性2件などを解消