Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ColdFusion」に深刻な脆弱性、定例外でアップデート - 悪用は未確認

Adobe Systemsは、「ColdFusion」における複数の深刻な脆弱性へ対処したアップデートを定例外で公開した。悪用は確認されていないという。

20190925_as_001.jpg
セキュリティアドバイザリを公開したAdobe

今回公開したのは、「同2018」「同2016」における3件の脆弱性を修正したアップデート。

米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」とは異なるタイミングでのリリースとなった。

3件の脆弱性へ対処しており、そのうち2件は重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical )」とレーティングされており、悪用されるとコードを実行されるおそれがある。

(Security NEXT - 2019/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み