Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IE」にゼロデイ攻撃が発生 - 定例外の修正パッチが公開

「Internet Explorer」に未修正の脆弱性が明らかとなった。ゼロデイ攻撃が確認されており、マイクロソフトでは、セキュリティ更新プログラムを定例外でリリースし、同脆弱性を含む2件の脆弱性へ急遽対処したという。

今回明らかとなった「CVE-2019-1367」は、「IE」のスクリプトエンジンにおいてメモリ破壊が生じる脆弱性。細工されたウェブページを閲覧すると、任意でコードを実行されるおそれがある。

深刻度は4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。Google脅威解析グループのClément Lecigne氏が報告したもので、すでに悪用が確認されているという。

マイクロソフトでは定例外でアップデートをリリースするとともに、「JScript.dll」へのアクセスを制限する緩和策をアナウンスした。同アップデートを受け、米国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)など関連機関も注意喚起を開始した。

(Security NEXT - 2019/09/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ