Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用も - 刃物通販サイト

爪切りなど刃物の製作、販売を手がける諏訪田製作所は、同社が運営する通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出したことを明らかにした。

同社によれば、「SUWADAオンラインショップ」が不正アクセスを受け、情報が流出したもの。4月15日に情報流出の可能性があることが判明し、サイトを停止。その後調査を行った外部事業者より5月31日に報告を受けていた。

流出したのは、2018年12月21日から2019年4月15日にかけて、同サイトでクレジットカード決済を利用した449人分の顧客情報。クレジットカードの名義や番号、有効期限、セキュリティコードなどが含まれる。一部クレジットカードが不正に利用された可能性もある。

クレジットカード会社の調査は7月17日に完了し、対象となる顧客には、個別に書面を送付。身に覚えのない請求が行われていないか、確認するよう注意を喚起した。

警察には4月17日、個人情報保護委員会には6月28日にすでに報告済みだという。同社では、セキュリティ対策と監視体制を強化したうえで、サイトの運営を再開する予定。また同社が運営する別の通信販売サイト「rubis-japan オンラインショップ」への影響については否定している。

(Security NEXT - 2019/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店