Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱

Supermicro製のサーバ向けマザーボードに搭載されており、エージェントレスで管理や監視が行えるマイコンチップ「Supermicro BMC(Baseboard Management Controller)」に脆弱性「USBAnywhere」が含まれていることが明らかとなった。

20190905_ec_001.jpg
Eclypsiumが発見した「USBAnywhere」

同チップにおいて、ディスクイメージを仮想ドライブとしてサーバに接続できる「BMC/IPMI仮想メディア機能」に複数の脆弱性が明らかとなったもの。「同X11」「同X10」「同X9」が影響を受ける。

平文による認証のほか、トラフィックのほとんどが暗号化されておらず、暗号化を使用する場合も脆弱なアルゴリズムを使用。さらに認証のバイパスが可能となる脆弱性も含まれていることが明らかとなった。

いずれもEclypsiumが報告したもので、USBデバイスをインターネット経由でサーバへ仮想的に接続できることから、脆弱性を「USBAnywhere」と名付けた。

容易に悪用が可能で、関連するプロトコルを使用し、脆弱性の影響を受けると見られるシステムは、インターネット上に公開されているだけで少なくとも4万7000台にのぼると同社は指摘。警鐘を鳴らしている。

(Security NEXT - 2019/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
F5、8月のセキュリティパッチを公開 - 「BIG-IP」などの脆弱性に対処
スモールビジネス向けCisco製ルータに深刻な脆弱性 - 遠隔よりコードを実行されるおそれ
「Cloudflare Zero Trust」にセキュリティ機能バイパスのおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
Google、「Chrome 104」をリリース - セキュリティに関する27件の修正を実施
VMwareのID管理製品に再び深刻な脆弱性 - 早急に更新の実施を
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
ニンテンドーのWi-Fiアダプタに2件の脆弱性 - 利用中止を