Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに

自組織におけるサイバーセキュリティ対策予算が必要額を下回っていると考えているIT関連業務の意思決定者が約7割にのぼるとの調査結果を英Sophosが取りまとめた。

同社が、2018年12月から2019年1月にかけて、日本や米国など含む12カ国のIT関連業務の意思決定者3100人を対象にインタビュー調査を実施、結果を取りまとめたもの。国内からは200人が回答した。

予算額が必要額に達していないとの回答が66%で、いずれの国も6割を超えた。日本は70%となり、グローバルの平均を上回る。

予算不足の影響もあり、4分の3は最新技術を用いた対策をつねに取り入れていくことが困難であると答えた。

20190902_so_001.jpg
サイバーセキュリティ対策予算が必要額を下回っている割合(グラフ:Sophos)

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
建築家向け書籍サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで