Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ECサイトの顧客情報を盗まれ身代金を要求される - 日本経営協会

日本経営協会は、同協会のeコーマスサイトの顧客情報が外部に流出したことを明らかにした。データベースが削除されており、復旧を条件に身代金が要求されたという。

同サイトでは、検定試験の受け付けや、「経営学」「ファイリングデザイナー」「電子ファイリング」「公文書管理」「ITPS」などの検定試験におけるテキストや過去問の販売を手がけているが、同協会によれば、同サイトのテスト環境が不正アクセスを受け、更新作業に用いた本番環境の顧客情報を含むデータベースなどが不正に操作された。

流出した可能性があるのは、2018年9月1日から2019年8月22日にかけて、同サイトで経営学検定試験の申し込みをはじめ、各種検定試験のテキストや過去問の購入、通信教育の受講申込などを行った顧客2851件の氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど。一部生年月日や性別、会社名なども含まれる。

同協会から運営を委託されている事業者が、8月22日にマスターデータを変更するため、テスト用のサイトにアクセスしたところ、対象のデータベースがなくなっていたという。一時的に本番サイトのデータベースを用いてテストサイトでマスターデータの更新を行ったが、翌23日に再びテスト環境のデータベースが削除されていた。

(Security NEXT - 2019/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
クラウドに不正アクセス、取引先情報の流出を確認 - 三菱電機
公共施設予約システムへの不正ログイン試行で告訴 - 川崎市
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
不正アクセスで虎の門病院サイトが閲覧不能に - 電子カルテに影響なし
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性