Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院運営指標に患者情報 - 表計算ファイルのまま誤公開

市立吹田市民病院は、患者の個人情報が掲載されたファイルを、約17日間にわたりウェブサイト上で誤って公開していたことを明らかにした。

同院によれば、8月1日9時から同月18日13時ごろにかけて、同院のウェブサイトから患者の個人情報7167人分が閲覧できる状態だった。

病院運営に関する指標をサイトで公開した際、そのうちの1項目である診療計画書適用率の算出に使用した患者の氏名や性別、年齢、診療科の名称、入退院日、クリニカルパス名称などが含まれていた。

同院では、サイト上でデータを公開する際にPDFを用いているが、表計算ファイルのまま誤って公開してしまったという。

同院では、誤って公開したファイルを閲覧できないよう削除した。対象となる患者には謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2019/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開講座申込者のメールアドレスが流出 - 福井県立大
発表前の配信代行プレスリリースに外部アクセス、URLを推測か - PR TIMES
中学校で答案をサイトで誤掲載、共有フォルダ内で取り違え - 中津市
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
「ワクチン接種予約システム」の脆弱性、個人情報500件閲覧の可能性
メルカリが不正アクセス被害 - 開発ツール「Codecov」侵害の影響で
原子力規制委への不正アクセス、VPNの既知脆弱性が起点に
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
聖火ランナーの生年月日を報道発表資料に誤記載 - 佐賀県