Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘

標的型攻撃に対し、共有されたハッシュ値など「IoC(Indicators of Compromise)」を利用して対策を講じることも少なくないが、Kasperskyはサイバー攻撃グループ「Cloud Atlas」の事例を挙げ、「IoC」による対策が陳腐化していると指摘した。

同社が挙げた「Cloud Atlas」は、少なくとも2014年ごろより活動を展開するサイバー攻撃グループ。別名「Inception」としても知られている。

ポルトガルやルーマニア、トルコ、ウクライナ、ロシア、トルクメニスタン、アフガニスタン、キルギスタンなどで政府機関、グローバル事業者や航空宇宙産業、宗教団体を標的とする攻撃が確認されている。

従来の攻撃では、メールの添付ファイルを悪用。細工した「Wordファイル」を用いてOfficeの数式エディタに関する脆弱性「CVE-2017-11882」「CVE-2018-0802」を突き、マルウェア「PowerShower」へ感染させる手法を用いていることが明らかとなっている。

「PowerShower」では、さらに悪意のある数種類のモジュールをダウンロードし、システム関連情報やパスワード、使用されたファイルを窃取。外部のコマンド&コントロールサーバへの送信していた。

(Security NEXT - 2019/09/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
サーバや端末など25台でランサム被害 - 摂津金属工業
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック
ワクチン予約受付を装うスミッシング、「不在通知」のグループ関与か
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス