Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正

「Apache HTTP Web Server」の開発チームは、最新版となる「同2.4.41」をリリースした。複数の脆弱性を修正している。

今回のアップデートは、セキュリティ対策およびバグの修正を実施したもの。「同2.4.40」に含まれる6件の脆弱性へ対処したほか、セキュリティ面の機能強化を行っている。

具体的には、「HTTP/2」のモジュールである「mod_http2」でクラッシュが生じるおそれがある「CVE-2019-10081」を修正。Netflixが指摘したDoS攻撃に悪用できる「CVE-2019-9517」など、同モジュールに関するあわせて3件の脆弱性に対処した。

さらに「mod_remoteip」におけるバッファオーバーフローやNULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2019-10097」を修正。あわせて「mod_proxy_balancer」におけるクロスサイトスクリプティング(XSS)やクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)への対策強化など、セキュリティ面での対策を強化した。

開発チームでは、「同2.4.41」を「General Availability(GA)」版と位置付けており、利用者へアップデートを実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2019/08/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ修正10件含む「Chrome 85.0.4183.121」がリリース
深刻な脆弱性「Zerologon」、「Samba」にも影響 - 設定確認を
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
「Firefox 81」が公開、複数脆弱性を修正 - 延長サポート版も更新
CMSの「Drupal」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
「Adobe Media Encoder」に3件の脆弱性 - アップデートが公開
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
MobileIronのMDM関連脆弱性、PoCリリースでリスク上昇