Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明

エントロピーを1バイトでネゴシエーションさせることでブルートフォース攻撃が容易となり、攻撃に成功すると通信内容の盗聴や改ざんといった中間者攻撃を受けるおそれがある。

研究チームは、「Intel」「Broadcom」「Apple」「Qualcomm」など14超の主要メーカーにおけるBluetoothチップで評価を行ったところ、すべてのデバイスがKNOB攻撃に対して脆弱だったという。業界団体であるBluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)では、同脆弱性が悪用されたとの情報はないとしている。

脆弱性の判明を受けて、セキュリティ機関ではチップメーカーなどへ「Bluetooth SIG」のガイダンスを参照するよう呼びかけるとともに、機器にチップを採用しているベンダーでは、提供元へ問い合わせるよう求めている。

(Security NEXT - 2019/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco SD-WAN vManage」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
一部シスコ製小規模向けVPNルータに深刻なRCE脆弱性
制御システム監視制御ソフト「ScadaBR」に脆弱性
「Aruba Instant」に複数の深刻な脆弱性
「ClamAV」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を修正
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請