Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明

「Bluetooth BR/EDR」による暗号化接続において、暗号化の強度を下げ、中間者攻撃につながるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

ワイヤレスオーディオなど、データストリーミングで利用する無線方式「Bluetooth Basic Rate/Enhanced Data Rate(BR/EDR) Core 5.1」に脆弱性「CVE-2019-9506」が明らかとなったもの。以前のバージョンも影響を受ける。

同脆弱性を利用することで、ワイヤレス通信の範囲内よりペアリングする脆弱な機器間における暗号鍵のエントロピー設定要求に割り込み、エントロピーを1バイトに強制できるという。

脆弱性を発見したCenter for IT-Security, Privacy and Accountability(CISPA)の研究チームが米国で開催されたUSENIXのセキュリティシンポジウムで発表した。「Key Negotiation Of Bluetooth攻撃」の頭文字を取って「KNOB攻撃」と名付けられている。

(Security NEXT - 2019/08/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正
「Windows」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - MSが詳細を調査
Linuxカーネルにroot権限を取得できる脆弱性 - 1Gバイト超のパス長処理で
「Citrix ADC」や「Citrix Gateway」に複数脆弱性 - 認証回避のおそれ
Adobeの複数製品に深刻な脆弱性 - 定例外でパッチ公開
「FortiManager」「FortiAnalyzer」に脆弱性 - root権限でコード実行のおそれ
Apple、macOSやスマートデバイス向けにセキュリティ更新
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
MS、「PrintNightmare」に追加パッチを準備中 - LPEで別のCVE番号を採番
「PrintNightmare」の定例外パッチ、修正が部分的との指摘も