Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強

従来より、標的型攻撃において実行ファイルを暗号化し、添付ファイルとして送りつける手口が目立ったが、2018年は「Office関連ファイル」を直接添付する手口が増加した。72%で正規に用意されている機能を悪用していたという。

トレンドマイクロが監視を行ったり、実際に提供を受けたファイルについてサンプル調査を実施し、2018年に国内で展開された標的型攻撃の動向を分析、取りまとめたもの。

同社によると、同社がネットワーク監視を行う100組織について調査したところ、33組織において標的型攻撃で見られる「遠隔操作や内部活動などの疑い」があることを確認した。

さらにそのうち21社で「リモートアクセスツール(RAT)」でコマンド&コントロールサーバと通信している疑いを検出。ただし、同社では監視と警告のみを行うケースもあり、あくまでも「疑い」の件数をまとめた調査となっている。

(Security NEXT - 2019/08/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を