Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド

トレンドマイクロは、コンテナイメージ内の脆弱性や不正プログラムを検知する「Trend Micro Deep Security Smart Check」を8月16日より提供開始する。

同製品は、他プロセスと隔離されたアプリケーションの実行環境である「コンテナ」向けのセキュリティ対策製品。

コンテナイメージ内の脆弱性をスキャンし、脆弱性が見つかった場合は緊急度を6段階で表示。またパターンマッチング、機械学習により生成したエンジンなどを用いて、不正プログラムをスキャンする。

さらにコンテナイメージ内にクラウドサービスのアクセスキーが保存されていないかチェックすることが可能。

価格は、スキャン対象レジストリが1から4個の場合、税抜きで年額150万円から。

(Security NEXT - 2019/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
大規模環境に対応する制御システム向けIPS製品 - トレンド
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業