Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市

大阪市の職員が、窓口を訪れた住民の携帯電話番号を持ち帰り、私的にLINEのスタンプを送っていたことがわかった。

同市によれば、住吉区役所保険年金課の職員が、業務上知り得る住民の携帯電話番号を持ち帰り、私的に使用したもの。

同職員は7月9日、窓口業務で扱った国民年金保険料免除、納付猶予申請書に記載されていた携帯電話番号をメモして持ち帰り、夏期休暇中だった同月11日にLINEアプリで検索、スタンプを送信したという。

同月29日、スタンプを送られた住民とその親族が来庁して申告。同職員に確認したところ、スタンプを送ったことを認めたという。

同市では、区長が住民や家族に謝罪。同職員を担当業務から外し、個人情報保護の重要性に関する個別指導を行うほか、関係部署と協議の上、処分を決定するとしている。

(Security NEXT - 2019/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ感染者の個人情報を報道機関へ誤送信 - 横浜市
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ひとり暮らし高齢者の調査票や住基台帳抜粋資料を紛失 - 生駒市
不用品回収業者土地に個人情報、元請5社を指名停止 - 福岡市
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
医療費助成の申請書類が文書交換便で所在不明に - 東京都
公共事業受託事業者のランサム被害、流出範囲特定で難航か