Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初心者向けに脆弱性調査と報告方法を学ぶ勉強会 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性の発見、報告などを行う際のポイントを紹介するイベント「脆弱性の発見・報告に関する勉強会~初めての脆弱性調査~」を9月26日に開催する。

同イベントは、ソフトウェアやウェブサイトの脆弱性調査に興味を持ちつつも、発見後の対処について知識を持たない初心者向けに実施。報告手続きや注意点を紹介する。

具体的には、脆弱性体験学習ツール「AppGoat」を用いたデモのほか、脆弱性を届け出る際の手順や脆弱性の評価方法、注意点について解説。脆弱性を発見した経験者の講演なども予定している。

会場は同機構で参加費は無料。応募締め切りは8月9日で定員の70人に達した時点で締め切りとなる。申し込みには会員登録が必要。

(Security NEXT - 2019/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性診断の利用者向けに「サイトシール」を提供 - GMO
個情委への漏洩報告が約3倍に - 医療機関や不正アクセスなどに起因
一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
2022年3Qの脆弱性届け出、ソフトとサイトのいずれも増加
脆弱性DB「JVN iPedia」の3Q登録数、前四半期から倍増
重要インフラのランサム被害、4分の1は医療関連分野 - 米政府が注意喚起
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題