Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

仮想通貨約35億円分が流出 - ビットポイント

ビットポイントジャパン(BPJ)が運営する仮想通貨交換所において、約35億円相当の仮想通貨(暗号資産)が外部へ流出したことがわかった。

同社親会社のリミックスポイントによれば、取引のためホットウォレットに保管していた概算で約35億円分相当の仮想通貨が、外部に流出していることが判明したもの。

7月11日22時過ぎに仮想通貨の送金エラーを検出し、調査を行ったところ、約30分後に一部仮想通貨の流出を確認。翌日12日2時ごろ、別の仮想通貨についても被害に遭っていることが判明した。

同社は被害の発生を受け、同日6時半ごろに仮想通貨の送受信を停止。10時半に新規口座開設を含むすべてのサービスを停止した。

(Security NEXT - 2019/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ランサムDDoS」を国内で観測 - 支払有無で結果変わらず
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン